<< 4月5日 開店時間のお知らせ | main | 4月10日 走行会 >>

フレーム再塗装

最近は時間に追われてブログも走行会のお知らせだけでしたが、久しぶりにネタ的な話を。



こちら、欲しくても生産、輸入量が少なくて入手困難で人気のあったピナレロのプリンス。
走りのほうも一級品で、現在カーボンフレームも所有しているオーナーさんですが、この自転車の乗り味は捨てがたいそうです。



でも、それほど古い自転車ではないのですが、相当使い込まれてボロボロな印象のフレームを再塗装&パーツ交換で再生してみましょう。


よくぞここまでと言う感じですが、こちらを再塗装したものが、




















こちらです。(他の画像はギャラリーの方に)




こちらは大阪の上村塗装で、塗装とカッティングマーク製作までをしてもらいました。

これでパーツも新調したので、自転車は新車のように甦りましたね。

ちなみに、単色塗装だけなら使う色によって値段は変わりますが、剥離塗装料金は¥20,000〜です。こちらのフレームはカッティングマークを作ったのでマーク代が別途かかっております。
カーボンフレームは剥離作業に手間隙がかかるので、料金は割高になります。

しかし、アルミフレームの場合アルミが腐食して、塗装の下からボコボコと浮き上がって白い粉が出てきている状態のフレームは、再塗装してもしばらくしたら同じ場所がボコボコとなってくることが多いです。
やはり、こまめな掃除が自転車を長持ちさせる基本ですね。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>
selected entries
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM